治療案内-根の治療 | 山口歯科

院内設備1.jpg院内設備1.jpg治療器具素材1.jpg治療器具素材1.jpg治療案内1.jpg治療案内1.jpgスタッフ紹介1.jpgスタッフ紹介1.jpg質問1.jpg質問1.jpg医療費1.jpg医療費1.jpgアクセス1.jpgアクセス1.jpg

gm_治療案内.jpg

根の治療 建築物同様、歯も土台が重要なのです

 映像で根の治療の様子をご覧いただけます。

時計.png所要回数1~6回程度
時計.png1回の所要時間1時間30分~2時間

1.パノラマレントゲン・CT撮影

治療の第一歩は完全に把握することから

診断にはパノラマレントゲンは必要です。また、根の治療や進んでしまった歯周病の場合は安全で確実な治療をする為にCTによる正確な診断が必要になります。

パノラマレントゲン撮影

治療案内_パノラマ2.jpg

通常はパノラマレントゲン写真で診断します。この中の矢印の奥歯は写真では2本の根があり、的確に薬が詰められているように見えます。ただ、私たち歯科医が見ると根の上に「病気があるかもしれない」と思われるレントゲン像になっています。

CT撮影

治療案内_CT2矢印2.jpg

一方、左はCT撮影像です。顔の正面から見た画像になりますが、こちらから 見るとほほ側の周りに黒い骨が溶けた画像が確認されました。

治療案内_CT3矢印2.jpg

あごの下から見た画像です。すると2本だと思われた根は4本あり、2本の根には薬が詰められていましたが、残り2本は未処置であることがわかりました。

このように確実な根の治療、インプラント、抜歯、歯周病等の診断・治療にはかかせない診断方法です。

2.予防ブラッシング4回コース

治療の流れ_2予防ブラッシング.jpg

新しい虫歯を一生作らないために

今後、新しい虫歯を極力作らないためには、虫歯の基礎知識とブラッシングの技術を学ぶ必要があります。本コースでは虫歯・歯周病のリスク判定を行い、より個人にあった方法をご提案させて頂くコースです。歯石をとってもブラッシングが出来ていなければ、すぐにまた歯石がついてしまいますし、詰め物などの型を取るときに歯茎に腫れがあると精密な型がとれません。

詳しくは「予防メンテナンス」のページをご覧ください

3.スケーリング・ルートプレーニング

治療の流れ_3スケーニング.png

歯茎の奥深くの歯石除去し、歯根面を磨きあげます

歯肉の下の歯石とバイオフィルムを確実に除去します。顕微鏡を使うことで確実に除去が行え、さらに根面や歯肉の傷を極力つけない方法です。ブラッシング技術習得と同様、型を取るまでには歯石がない、健康な歯茎になっている事が適合の良い詰め物が入る条件になります。

4.削る前の準備 - ラバーダム

安心・安全な治療のための必需品

当院では歯を削る治療には ラバーダムを使用します。ご存知の通り虫歯は菌です。通常の施術では菌を口内、健全な歯に撒き散らしているも同然です。金属アレルギーがある方に、歯に詰めてある金属を削ると、削った金属を飲込んでしまったり、その欠片が頬の粘膜や歯茎に入り 込み、重いアレルギー症状が現れる事があります。ラバーダムではこれらの心配がすべて不要なので、患者さんにとって 安全で安心な治療が可能です。

5.消毒

根の治療_5消毒.png

先ほどまで唾液触れていた歯をヨードチンキとアルコールでしっかりと消毒します。被せてある物、詰めてある物を除去し、その下にある虫歯を検知する液を使用して完全に取り除いていきます。

6.根の中に詰まっている材料の除去

根の治療_6根に詰まっている材料.png

以前の治療で詰めてある材料(ガッタパーチャなど)を除去していきます。根の先では0.06mmの細さにもなるので顕微鏡を使用することで先端の材料まで残さず取り除きます。根管内洗浄器「プロウルトラピエゾフロウ」を使用して根管内を殺菌洗浄します。

7.セメントの充填

根の治療_7_セメントの充填2.png

MTAセメントを根管に充填していきます。
顕微鏡を使用し、根の先端から隙間なく詰めていきます。

*「MTAセメント」とは:2000年米歯科医師会で最も優れた材料とされ評価されました。以降世界数十ヵ国で使用され続けています。

8.土台を作る

根の治療_8土台を作る2.jpg

根管に樹脂を流し込み、ファバーポストを根に差し込んでいきます。
ファイバーポストを使用することで、施術後の歯の耐久度が高まります。

9.クラウンを被せるための準備

根の治療_9クラウンを被せる準備2.jpg

歯茎の保護と歯の根元をうまく形成するために、歯茎と歯の間に糸を巻いていきます。これによりクラウンを最も適合良くするために形成作業がきちんと行えます。

10.型を取る

根の治療_10型をとる2.jpg

型を取ります。取った型も顕微鏡で確認して精度をチェックします。

11.仮歯を作る

根の治療_10_型を取る.png

削る前の歯と同じ型と削ったラインにぴったりと合わせた仮歯を作ります。
合わない仮歯は歯茎にダメージを与え、次回セットする際に血が出たりすると接着に影響がでるため、精密な仮歯を作ることが大変重要になります。

12.セット・終了

根の治療_12セット2.jpg

仮歯を外した歯面にはセメントや唾液の中に含まれるたんぱく質などが付着しています。これらを完全に除去・消毒する事や、クラウンを事前に過熱する事によって接着力は向上します。当クリニックでは接着力が1%でも増すようすべての事を惜しまず施術していきます。
また接着に使用したセメントが少しでも歯茎の下に残ると炎症の原因になります。こちらも顕微鏡を使用し取り残しの無いようチェックしていきます。
これらが全て終わって終了となります。

左タイトル治療の流れ.jpg

左タイトル予防.jpg

左タイトルメンテナンス.jpg

左タイトルインプラント.jpg

左タイトル歯周病.jpg

左タイトル審美.jpg

左タイトル矯正.jpg

カウンセリング.jpg

院長ブログ.jpg

f_logo-1.png

MDNJ.jpg