治療案内-メンテナンス | 山口歯科

院内設備1.jpg院内設備1.jpg治療器具素材1.jpg治療器具素材1.jpg治療案内1.jpg治療案内1.jpgスタッフ紹介1.jpgスタッフ紹介1.jpg質問1.jpg質問1.jpg医療費1.jpg医療費1.jpgアクセス1.jpgアクセス1.jpg

gm_治療案内.jpg

メンテナンス一生、新しい虫歯を作らないように

1.顕微鏡にて虫歯のチェック

メンテナンス_1顕微鏡チェック.jpg

虫歯のチェックや歯石除去を顕微鏡下で4~20倍で行います。
拡大する事で肉眼では見つけられない虫歯を見つけることができます。

2.顕微鏡超音波スケーリング(歯石除去)

治療の流れ_3スケーニング.png

歯石除去も肉眼で行うのと比べ、格段に精度があがります。
小さい歯石まで確実にとれ。さらに歯面を傷つける事もなくなります。

歯石除去動画

3.PMTC リナメル

メンテナンス_3PMTCリナメル.jpg

専用のペーストで研磨する事で虫歯や歯周病の病原菌のバイオフィルムを破壊します。
このペーストはエナメル質表面のミクロの傷を修復します。

4.エナメル質の強化

メンテナンス_4エナメル質の強化.jpg

エナメル質の石灰化を促進し、強化された歯質にします。
MIペースト(象牙質へのミエラルCa・P補給)
エナメル質直下の象牙質にミネラルCa・Pを補給し、虫歯になりにくい象牙質にします。

5.映像での問題点の供覧

治療後の説明2.JPG

治療中録画し、終了後、ご一緒に映像を確認して頂きながら問題点を見つけます。

再発予防と管理

日常的なホームケアと歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアが大切です。

・ホームケア(自分でできるケア)
最も基本的なのが毎日の歯みがきです。毎食後、しっかりとブラッシングを行ってください。歯間ブラシやデンタルフロスを必ず使用してください。
また、日頃のセルフチェックが歯周病の早期発見につながります。「歯茎が腫れている」「血がでる」などの症状がでたら、放っておかず、早急にご相談ください。

・プロフェッショナルケア(歯科医院で行うケア)

PMTC(専門家による機械的歯面清掃)
歯科医院で専用機器を用いて行うクリーニング。
毎日の歯みがきでは落ちないバイオフィルムや歯石を効果的に除去します。

1.状態チェック
ブラッシングの状態、バイオフィルムの付着をチェックします。

2.歯石除去
歯面や歯肉の中(歯根の表面)などに付着している歯石を除去します。

3.洗浄
状態によっては歯周ポケット内のバイオフィルムを、歯科医院専用の器具を使って除去(破壊)する必要があります。

4.清掃
歯科医院専用の器具を使って歯面、歯間部、歯と歯肉の間、咬合面などをきれいにします。

これは一般的な手順で、患者さんの口の中の状態や症状によって、やり方が異なる場合もございます。

PMTCの効果は

・虫歯の予防
バイオフィルムを除去し再付着を防ぐのでむし歯予防効果があります。歯のエナメル質表面へのカルシウム補給を促し、再石灰化も促進します。

・歯周病・歯肉炎の改善
歯周ポケット内のバイオフィルムを除去するので歯肉の状態を改善してその後の予防にもつながります。歯周ポケットが3mm以上深い場合は他の方法でバイオフィルムを除去します。

・自然な美しさが回復します
歯についた色素やヤニも取り除けるので、患者さん本来の光沢のある歯面になります。(※歯を薬品で白くするホワイトニングとは異なります)

・プラークが付きにくくなります。
歯面をツルツルにしますので、しばらくの間は汚れがつきにくくなり健康な状態を維持できます。一定の期間を過ぎるとまた付着しやすくなるので定期的にPMTCを受けられることをおすすめします。

・入れ歯にも効果的です。
入れ歯にもバイオフィルムは付着します。入れ歯だから関係ないと思わずに、定期的に歯科医院で清掃してください。

左タイトル治療の流れ.jpg

左タイトル予防.jpg

左タイトルメンテナンス.jpg

左タイトル根の治療.jpg

左タイトルインプラント.jpg

左タイトル歯周病.jpg

左タイトル審美.jpg

左タイトル矯正.jpg

無料カウンセリング.jpg

院長ブログ.jpg

f_logo-1.png

MDNJ.jpg