TEL
ACCESS
PAGE TOP

歯髄保存治療

歯の根を残す治療

他院で抜くと言われた、その歯髄!
もしかしたら残せる?

当クリニックの歯髄保存治療では、MTAセメントを使い治療を行っております。
神経(歯髄)が残せるのかどうかの診断は、マイクロスクープを使用し、露出した神経(歯髄)が出血し止血できるのかで判断をしています。
これを肉眼治療で行うと、暗い上に小さすぎて確認できないために、抜歯、もしくは神経を抜く治療となってしまいます。
そして、何よりも大切なことが、治療中に患部を感染させないことです。
当クリニックでは、唾液を患部に入り込ませないために、ラバーダム防湿を行っております。ラバーダム防湿も単にするのではなくマイクロスクープでクランプしている部分を確認し、唾液が入ってくる隙間や漏れが無いのかを確認し、確実な防湿を行っています。

歯の根(歯髄)が残せる治療とは

虫歯治療を行っていると、虫歯の浸食具合によって、虫歯が神経(歯髄)まで達していることがあります。
当クリニックでは、マイクロスコープ下でう蝕検知液を使いながら虫歯を丁寧に削っていき、神経(歯髄)が見えてきたら、まずは消毒剤を使い止血を試みます。
止血が出来た神経(歯髄)は残せる可能性があると診断し、神経を残す歯髄保存治療を開始いたします。

歯髄保存治療の流れ

  1. STEP 01

    麻酔

  2. STEP 02

    ラバーダム防湿をする

  3. STEP 03

    元々入っていた物や
    虫歯を確実に取り除く

  4. STEP 04

    歯髄(神経)が見えて来て
    出血している場合は、消毒剤に浸ける。

  5. STEP 05

    5分待ち
    止血できるのかを確認

  6. STEP 06

    止血できている場合は
    MTAセメントを使い
    歯髄保存治療をします

  7. STEP 07

    しみるのを抑える為の
    コーティングをする

  8. STEP 08

    ダイレクトボンディング剤で
    歯を形成していきます。
    ※削りが大きい場合は仮歯を作ります

  9. STEP 09

    治療を動画で説明

ページトップへ